大賀道場 紹介

| HOME |

 

 

入会案内

 

ブラジリアン柔術

 

スポーツチャンバラ

 

大賀の紹介

 

道場マップ

 

時間割り

 

今月の休館日など

 

道場アルバム

 

リンク先一覧

 

掲示板

 

 

 

2007年07月08日、ブラジル・リオデジャネイロで行われたマスター&シニア・インターナショナル大会において、大賀代表がシニア1黒帯プルーマ級トーナメントを制覇。
悲願であった、日本人初の柔術黒帯世界大会優勝を果たしました!!

 

(好評の、ブラジル遠征コラムなどはこちら)

 

 

 

大賀(おおが・みきお)

 

1971年1月17日生まれ
ブラジリアン柔術黒帯
大賀道場代表、ねわざワールドグループ代表
鍼灸師、整体師、スポーツチャンバラ・インストラクター
柔術大会での優勝、入賞多数(戦績はこちら)

 

=====================

 

大学時代は、九州大学柔道部に在籍し、高専柔道の流れを汲む七帝柔道を修めた。
卒業後、一般企業に就職し、鹿児島での5年間のサラリーマン生活
(半導体部品開発)を経験。

 

退職・上京した99年から、治療師としての勉強を積むかたわらで、
都内の公共施設を借りて柔道・柔術サークル「ねわざワールド」を設立する。

 

同年11月に参戦したカンペオナート・ジャポネーズ(全日本オープントーナメント)では、
青帯プルーマ級で優勝。12月には大宮JAM1にて塩田歩氏へのチャレンジマッチにも勝利。
これらの活躍によりブラジリアン柔術紫帯を取得し、
ねわざワールドを連盟公認の柔術アカデミーに昇格させた。

 

その後は、柔術競技の選手としての活躍もさることながら、
白帯カーニバルや白帯JAMなど初心者向けの柔術大会を数多く主催し、
地方でのセミナー依頼を積極的に引き受けるなど、
日本にブラジリアン柔術を普及させた功労者の一人として、広くその名が知られるようになる。

 

2003年2月、念願であった格闘技道場兼治療院「大賀道場」を東京都調布市に開設。
(現在は、格闘技部門に専念して治療は休業中)

 

同年11月末には、その柔術家としての実績が評価され、
七帝時代からの友人でもある中井祐樹氏(現日本ブラジリアン柔術連盟会長)より、
日本人では8人目となるブラジリアン柔術黒帯を認定された。

 

その他、そのひょうひょうとした性格からくる文章や、
他を圧する精緻な技術体系を言葉にして説明できるという、たぐいまれな能力について、
多くのファンを持っている。

 

=====================

 

大賀に関してさらに詳しく知りたい方は、本人作成によるコラムおよび、 FACEBOOK、 ツイログ、 ブログ大賀の日常などをご覧下さい。